台湾の生活

私が台湾で春節を過ごした話

  1. HOME >
  2. 台湾の生活 >

私が台湾で春節を過ごした話

この記事は私が春節時に台湾人彼女に会いに台湾へ行った時の過ごし方の記事です。

目次

  •  私が台湾で春節を過ごした話
    • 春節直前の市場での仕事(年内で最も忙しいと思った)
    • 友達、家族、親戚で集まる

市場での仕事  

彼女は台湾で有名なサバヒー(虱目魚)という魚を捌いて売っていました。朝市で仕事をしており、私もその手伝いをしました。いろんな調理法があるようですが,とてもおいしかったです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/サバヒー

春節に入ると大抵の人は休みになります。そのため、春節前の数日間は年内で最も忙しくなります。人が多すぎてなかなか通れないくらい。。。

もし春節でなければ、朝市の人たち早朝5時ごろから仕事を始めています。(もちろん各々始める時間はそれぞれ毎回異なりますが、それくらいから集まり始めていました。そのために3~4時に起きていたので大変辛かったです。

今回は春節前で忙しく準備の量が多すぎるため、前日の11時くらいから市場に着き仕事していました。次の日の昼や夕方まで働くなんて、本当にみんなよくやるな~と思っていました。

そんな生活習慣に慣れていないため、終わった後はかなりぐったり。。。

 

友達、家族、親戚で集まる

彼女の友達に数人会うことになり、みんなでご飯やカラオケに行きました。

また、彼女の親戚家族が集まった時は、20人から30人くらい集まり、みんなでご飯をたべました。

台湾では親戚家族とのつながりを大切にするというか、よく集まっていますね。

面子や体裁を気にしすぎるというのもあるみたいですが。。。

そして集まった時に、皆必ずしていたのが麻雀(マージャン)です!

日本でもあまりしたことなかったのですが、台湾と日本では少しルールが違うようですね。

また別のところで台湾麻雀のルールを説明する記事を書きたいと思います。

とにかく、麻雀やカラオケと全員でのご飯というのが大きな思い出でしたが、

かなり賑やかですごく楽しかった!という記事です。

以上

私が台湾へ行って春節を過ごした話でした。

-台湾の生活

© 2021 ようすけの台湾移住ブログ Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。