読書

【書評:アウトプット大全】アウトプットこそ自己成長の鍵

  1. HOME >
  2. 読書 >

【書評:アウトプット大全】アウトプットこそ自己成長の鍵

ヤンジエ

「アウトプット大全」について知りたい!

どんな人におすすめ??

という疑問にお答えしていきます!

こんな方におすすめ

  • 自己成長したい方
  • たくさんインプットしてるのに身についてない方
  • アウトプットしたいけどどうやって良いか分からない方

こちらから購入できます。

ちなみにAudibleでも聴けます!

 

結論からいうと、

 

アウトプット無くして成長なし!

 

いかにアウトプットが重要かを説明されており、

忙しいみなさんでもできるアウトプットの仕方を詳しく説明されています。

 

本書を読めば、

アウトプットの大切さを知り、自己成長するために、

どのようにアウトプットすべきなのか知ることができます。

 

著者(樺沢 紫苑さん)について

Amazonより

精神科医、作家
1965年、札幌生まれ。1991年、札幌医科大学医学部卒。札幌医大神経精神医学講座に入局。大学病院、総合病院、単科精神病院など北海道内の8病院に勤務する。2004年から米国シカゴのイリノイ大学に3年間留学。うつ病、自殺についての研究に従事。帰国後、東京にて樺沢心理学研究所を設立。精神医学の知識、情報の普及によるメンタル疾患の予防を目的に、メールマガジン、Twitter、Facebookなど、累計30万人以上のインターネット媒体を駆使し、精神医学、心理学、脳科学の知識、情報をわかりやすく発信している。
著書に『自殺という病』(秀和システム)、『脳内物質仕事術』(マガジンハウス)、『精神科医が教える 1億稼ぐ人の心理戦術』(中経出版)、『小児科臨床ピクシス 15 不登校・いじめ その背景とアドバイス』(中山書店、「いじめ自殺」の項目を分担執筆)、『メールの超プロが教えるGmail仕事術』(サンマーク出版)、『ツイッタ-の超プロが教えるFacebook仕事術』(サンマーク出版)ほか。

 

 

目次はこの5つの章から構成

<第1章 アウトプットの基本法則>

<第2章 科学に裏付けられた、伝わる話し方 【話す】>

<第3章 能力を最大限に引き出す書き方 【書く】>

<第4章 圧倒的に結果を出す人の行動力 【行動】>

<第5章 アウトプット力を高める7つのトレーニング法>

 

『アウトプット大全』要約

アウトプットの重要性

私のTwitter投稿より

成功している人たちは決まって大量にアウトプットをしている。

 

あなたも成功できるかどうかは

いかにたくさんアウトプットするかどうか、です。

多くの人はインプットばかりしているのだから。

 

紹介されていたわかりやすい例を紹介すると

金持ちは読書をたくさんしている、

と聞いて読書をたくさんしますよね。

  • 本を月に10冊読んで1冊もアウトプットしない人
  • 本を月に3冊読んで3冊アウトプットする人

この2人のどちらの成長が早いと思いますか?

 

本を月に10冊読んでる人は

「俺めちゃくちゃ勉強してる」という気持ちになりますが

いざ「内容を説明してみてよ」と言われると

何も頭に入っていない、身についていない

ということに気づくのです。

話す、書く、行動する

話す、書く、行動するの3つの章に分けて

いろんなアウトプットの仕方を詳しく解説しています。

 

 

日々行える7つのアウトプットトレーニング

日記を書く

日記を書くだけで様々なメリットがあります。

日記のメリット

  • 書く能力が高まる
  • 自己洞察力、内省力が高まる
  • ストレス耐性がつきメンタルも強くなる
  • 楽しいを発見する力が高まる
  • ストレスが発散される
  • 幸福度と生活満足度が上がる

1日10分程度書くだけでこんなにイイことがあるなら

やらないともったいないですよね。

注意すること

ポジティブなできごと、嬉しいこと、楽しいことを書くこと

まずは3行だけ、慣れたらそれぞれを詳しく書くこと

制限時間を設けてダラダラ書かないこと

 

 

健康について記録

「体重」「気分」「睡眠時間」を記録。

3つ記録しても、数分で終わるでしょう。

毎日することで、自分の体調をかなり把握することができます。

読書感想を書く

読書はアウトプットこそが最も重要です。

アウトプットすることで記憶に残り自己成長できるのです。

読書感想のメリット

  • 内容を忘れない
  • より深く理解できる
  • 内容を整理される
  • 文章力アップ
  • 思考力アップ
  • 自己洞察力アップ
  • 飛躍的に自己成長できる

感想を何書いたら良いか分からないという方も多いと思います。

本書にはテンプレも説明されています。

「ビフォア」「気付き」「アフター」の型を使って

いくつか例を示しながら感想文の書き方を説明しています。

 

情報発信する

メリットが圧倒的に多い。

炎上なんてほとんどすることないので

情報発信しよう

SNSに書く

実名・顔出しですることで信頼性を得られます。

特に毎日更新すること

ブログを書く

ブログ成功の3つの秘訣

  1. 独自ドメイン
  2. 毎日更新
  3. 100、300、1000本の記事

趣味について書く

ネタに困ったとき、趣味のことであればいくらでもかけます。

感想、意見、気付きを書くことで共感を得られます。

読者に価値を提供することを意識しましょう。

 


上のようなやり方でアウトプットすることで、

著者は

「メルマガ、毎日発行13年」

「Facebook、毎日更新8年」

「YouTube、毎日更新5年」

「毎日3時間以上の執筆11年」

「年2~3冊の出版、10年連続」

「新作セミナー、毎月2回以上9年連続」

とこんなにもたくさんのことをアウトプットし続けているのだそう。

 

感想・まとめ

本書を読んで、アウトプットの重要性を感じました。

 

読書を月10冊目標にしていましたが、

10冊も読んでいると

正直アウトプットの時間が取れません。

 

確かに、本書で言われている通り、

読んだ本の内容について説明しろといわれると

アウトプットしていないので何も出てこないんですよね。

これじゃあ読んだ意味が全くと言って良いいほどないです。

 

私も上の紹介されている7つのアウトプットトレーニングを使って

日々自己成長していきたいと思いました。

大事なのはこのアウトプットも習慣にすることです。

習慣化に関してはこちらの記事で紹介していますのでご覧ください。( ^ω^ )

https://yosuke0912.com/book-review-habit-is-100percent/

最後までみていただいてありがとうございました。

-読書

© 2021 ようすけの台湾移住ブログ Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。