因島

因島出身の私がオススメする尾道市因島土産5選

  1. HOME >
  2. 因島 >

因島出身の私がオススメする尾道市因島土産5選

みなさんこんにちは!

今回は広島県尾道市にある因島出身の私が因島で大人気のお土産を4つ紹介します。

本記事を読むと、因島のオススメのお土産が分かります。

ご自分で食べるのも良し、職場や友人、家族に買って帰るのも良いです。

1.はっさくゼリー

この変な顔の?って言ったらいけないかもですが

独特な顔が印象に残るパッケージです。

はっさくゼリー

因島発祥のはっさくを贅沢に数個ごろごろっと閉じ込めた爽やかゼリーです。

コロナウイルスの影響で観光客の方は大変少なくなっていますが、

現在も大人気です。帰省の時には爆売れです。

最近も私は大学の友達にお土産でプレゼントしました。

結構喜んでくれました。

 

ただはっさくは少し苦味があり、大衆受けするものでなく好き嫌いがあります。

はっさく嫌いの方にはあげない方が良いでしょう。

ちなみに子供の頃は私は嫌いでした。今も兄や祖父母は好きでないようです。

これが今ではすごく美味しく感じるんですよね、不思議。

ちなみに果物のはっさくは皮を剥くのが面倒でみかんほどあまり食べることがありません。

はっさくゼリー

2.はっさく大福

はっさくの時期が終わっているようで画像を引用させていただきます。

はっさく屋」さんより引用

はっさく屋さんのはっさく大福ですこれはキャラが可愛いですよね☺️

因島にあるはっさく屋さんが販売されてるはっさく大福です。

しまなみ海道を自転車や車等で観光に来てる方をよく見かけます。

今はコロナの影響で少ないですが・・・

 

でも大福美味しいですよね〜!

はっさくゼリーと同様はっさくが嫌いな方にはあまり好まれませんが、

こちらも、お土産コーナーでよく売れているオススメのお土産です。

ちなみにはっさく大福以外にたくさんの種類の大福を販売しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日(7月19日ですが)再度、はっさく屋さんで大福頂きました。

今日購入したのはこちら

はっさく甘夏大福

はっさく甘夏大福、袋とったらこんな感じ

はっさく甘夏大福、袋とったらこんな感じ

はっさく甘夏大福の中身はこんな感じ

はっさく甘夏大福の中身はこんな感じ

店内に座って食べることも出来、何と広い海と向島まで架かる因島大橋が見える! 天気いい日はもう景色最高です!

3.カフェオレ大福

上で紹介したお店とは別ですが、

カフェオレ大福なるものもあり

私はこちらも大好きです。

「菓子処中島」と言うお店です。

因島にはカフェオレ大福は

このお店でしか買えないようです。

カフェオレ大福を食べてみました

カフェオレ大福の中身

冷凍し、解凍後30分ほどして

食べるのがおすすめのようです。

 

冷え固まったたっぷりの生クリームと

周りのコーヒーが口の中で混ざって

何個でもパクパク食べられるくらい

美味しいですよ😆

 

  

中島さんにも

はっさく大福とはっさくゼリーがあります。

来られたら食べてみて下さい。

なお、大福は購入後お早めにお召し上がりください。

3.レモンケーキ

 

このレモンケーキは因島のすぐ隣の島の生口島の瀬戸田が発祥のレモンを使ったケーキとなっています。

瀬戸田のレモンですが、因島でもたくさん売られており、とても美味しく人気のある商品なのではないかと思います。

4.島そだち

こちらも因島で有名なお菓子です。

島内でもどこか挨拶に行く時など手土産でよく渡す商品です。

こしあんのお饅頭です。

生地にザラメが入ってるところが個人的には好きではありません。

 

5.芋菓子

 

こちらも因島のものではありませんが、すぐ近くの島の岩城名産の「芋菓子」です。

1度食べるとクセになり手が止まらないです。太りたくない人は食べたらダメですね。笑

まとめ

以上因島出身の私が紹介する因島のお土産5選でした。

いかがでしたでしょうか??

みなさんが気になったもの、

食べたくなったものはありますでしょうか?

ぜひ参考にしてみて下さい。

-因島

© 2021 ようすけの台湾移住ブログ Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。