中国生活

上海留学中、痔になりました。海外保険入っていて良かった。

  1. HOME >
  2. 中国生活 >

上海留学中、痔になりました。海外保険入っていて良かった。

 

ヤンジエ

台湾移住を目指すヤンジエです。中国語とプログラミングを学習中。

台湾人女性と交際中の医療事務員です。

 

結論から言うと、上海留学中に痔にかかりました。笑

それで、留学に行かれる方には海外保険に入ることをオススメします。

海外留学に行かれる方、海外保険は入っていますか?

海外旅行保険安くはないので、入らない方も多いと思います。

ですが、私は念の為1年間の上海への語学留学で、AIUと言う保険会社の海外保険に入りました。

今はAIGという名前のようです。

当初はもちろん、保険なんて使うことないだろうと思っていました。

 

結構恥ずかしいですが、「痔」にかかりました。

痔瘻らしいです。

留学中に痔にかかるなんてね。。。ストレス多かったのかな。。笑

何で病院なんか行くのって話になってクラスメートに話すと

腹抱えて爆笑されました。あー恥ずかしい。

 

痔になった過程

留学が終わる2〜3ヶ月ほど前、シャワーを浴びてる際に

何かお尻にあるなーという日々が何日も続き、

ある日を境に肛門の一部が痛み始め、痒みもあり辛くなりました。

授業を受ける時の椅子に座ってるのが本当にキツかったです。

我慢出来ずに、日本人病院へ行きました。

私が行った病院は「グリーンクリニック」という病院。

以下サイトです。

http://www.greenclinic.com.cn/

同じ上海大学に通う日本人留学生の先輩にオススメしてもらいました。

さすが上海!調べてみると日本人専用の病院はかなりあります。

皆さんも行かれる際は調べて見てください。

やはり、中国人の病院に行くよりは日本人の先生がいる方が

めちゃくちゃ安心感ありますよ!

 

そして海外保険に入っていて本当に良かったと

この時に本気で思いました。

5年前なので、具体的な金額はあまり覚えていませんが、

請求書見ると50万〜100万程の医療費が書かれていました。

何せ痔で手術しましたからね。

海外保険に入っていなかったらこの金額は払えないので、

我慢するか、一旦帰国しないといけなかったですね。

ちなみに、帰国して半年から1年で再発して再度手術しましたけどね笑

タクシーで上海の病院に行く際はレシートを貰いましょう

病院に行かれる方はタクシーで行きましょう。なぜか。

 

上海では交通手段としてタクシーを利用することも多いですが、

病院への交通費も海外旅行傷害保険の保証対象になるのです。驚きました。

病院へ行く方は海外旅行傷害保険を利用されると思います。タクシーで病院へ行かれる場合には、必ずレシートをもらいましょう!

 

中国語でタクシーは「出租车(チューズーチュー)

レシート及び領収書は「发票(ファーピャオ)」と言います。

レシートください。は「給我发票(ゲイ ウォ ファーピャオ)」と言いましょう。

 

ちなみに、病院へは私は数回通ったのですが、

診察に行った時に、タクシーのお金をもらえると知ってからは

タクシーで行って帰りのタクシー代をもらって地下鉄で帰っていました。

何ともセコいですね笑

ご飯1〜2回分くらいにしかならないのに。

 

まとめ

上海留学中に痔にかかって病院行って手術しましたけど

海外保険入っていて助かったと言う話でした。

クレジットカードでも、保険がありますけど

保険内容をしっかり確認してから海外へ行きましょうね!

保険があるともしものとき安心です!

-中国生活

© 2021 ようすけの台湾移住ブログ Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。